住宅の内壁塗り替え・リフォーム工事《珪藻土・じゅらく・漆喰》

塗り壁には、「珪藻土(けいそうど)」「漆喰(しっくい)」「じゅらく(または砂壁)」などがあり、それぞれに性質や特徴があります。
これらの「塗り壁材」を使い、左官職人がコテで、和室・洋室 廊下などの壁や天井を、ていねいに手作業で塗っていきます。
和室・洋室・和モダン…どんなお住まいにも、雰囲気に合わせて施工できる「塗り壁」。
ビニールクロスでは表現できない独自のデザインで、納得の出来栄えに仕上がります。

 ~壁のリフォーム・塗り替え作業の工程~

【STEP①】家具・家財道具を移動・養生
床や建具・家具などが汚れないよう、ビニールで覆い、保護します。
小さな家具や荷物などはあらかじめ移動しておいていただけると作業がスムーズに進みます。

【STEP②】古い壁材や、クロスを剥がす
もともと塗り壁のお部屋はもちろん、古くなったクロス壁を剥がして塗り壁にすることも可能です。
塗り壁は素材を生かした個性ある仕上がりになりますので、内装にこだわりを持つお客様からのお問い合わせが増えています。

【STEP③】下地塗り材で壁の下地調整
下地の素材や状態によって処理方法が様々です。
アク止めや防カビ性のあるものなど、特に状態の悪い箇所は念入りに、適切な処理をさせていただきます。

【STEP④】仕上げ
最終段階である「壁材を塗る」作業です。職人のコテによる手作業で、丁寧に仕上げていきます。
素材が珪藻土の場合は、コテで様々な柄を描くことが可能です。
クロスには出せない立体感や意匠性など、塗り壁ならではの質感をお楽しみいただくことが出来ます。

▼左官工事はこんなところにも▼

一覧に戻る

▲TOPへ